オブシディアン3Dプリンター:高品質、スマートで手頃な価格

コダマは2年連続で、3Dプリンターのスタンダードを向上し続けています。プラグ&プリントのオブシディアンは全てをやりこなす3Dプリンターです。

 

プロジェクトについて

コダマがトライナス3Dプリンターを後援者へ提供することに成功した去年の後を継いで、我々は低価格を実現しつつ、3Dプリントの世界基準をもう一度上げることに成功しました。 今まで実現されていなかった信頼性、品質と審美眼を組み合わせるオブシディアンをご紹介します。その上更に専売ではないファームウェアで作動します。

nightshot.jpg

なぜオブシディアン?

なぜオブシディアン?  「値段が高い3Dプリンターと組み立て利用が複雑な、安く不明瞭なプリンターとの差があまりにも大きすぎると我々は感じていました。3Dプリンティングを多くの方に提供するより良い方法が必ずあると我々は信じていました。我々は世界の全ての人々が頭の中に思いつくアイディアを自分の手に持てる実物に変えれる力を持って欲しい。」 

マイケル・ハスマン

iconsgerman.png

2015年から開発され続けてきたオブシディアンは、様々な業界のエキスパートが含まれているオールスターチームの協力を得てコダマ社内で作られデザインされた、初の3Dプリンター。コダマの創設者とCEO、マイケル・ハスマンはアップルの元プロジェクトマネージャーである。機械と内部の担当は3Dプリンティングの経験を持つ元ボッシュのエンジニアが行いました。品質管理と電気関係は30年の経験を持つシンガポールに基づく電気技師から相談を得て行われました。オブシディアンのUI/UXのデザイナーは主要な自動車製造業者で働いています。組み立てラインの入札はフレクストロニクス(オリジナルのトライナスを組み立てた会社)とフォックスコンと話し合いをしています。

以降に紹介された

事前レビュー

コダマの研究と開発研究所では作動できる一個、二個だけではなくいくつかの試作品を創作し、世界中の有名な評論家−Make Anything、Maker’s Muse、3D Maker Noobと3D Printing Nerdへ提供しました。その彼らの言葉をお伝えします。試作品の評論は進行中でありますので新しいビデオの発表に注目してください。

プラグ&プリント

「数分で組み立てる」ことは忘れてください。予算額で手が届く3Dプリンターキットと違って、オブシディアンはすでに完成された状態で届きます。フィラメントを積み、電源を入れるだけで準備はOK。

停電時のリカバリー

ほとんどの3Dプリンターは、停電時や電源が突然切れたりしたときは、特に12時間かかる作業の途中で電源が切れたりすると、致命的な失敗となり挫折感の気持ちを味わせるでしょう。オブシディアンの場合は、ただ再接続して「再開」をタップするだけで作業を続けられます。*この機能はLCDボードでコントロールされます。それ故にオブシディアン・プラスとデラックスの限定機能となっております。

素材

オブシディアンはPLA樹脂の使用だけに限りません。 パッケージをアップグレードすることでナイロン、ABS樹脂、PETG樹脂などなどを使用できる熱台を手に入れることができる!ポリカーボネートと炭素繊維を利用することにも成功しました。更に、今まで聞いたことのない我々の専有的で世界初のフィラメント−オブシディアン・パウダーをご紹介します。その上、将来の追加機能としてタングステン系のノズルをドイツの工場で産出する予定で話を進めています。

 
 

品質の高いアウトプット

オブシディアン本体自体はカッコよくて素晴らしい機能を持っているが、実際にプリントはできるのか?それはもちろんです。最終的には一番重要な基準はプリントの品質であることは承知しています。そして、オブシディアンはその期待に答えます!以下をご覧になってください。もしくは、こちらで展示されている実物をご覧になってください!

仕様

japanese tech specs copy.png
SCREENCOMPARE.png
GIRL7

報酬

全ての誓約は同じ基本のオブシディアンを提供しています。オブシディアンの構造品質、デザイン、プリント解像度と信頼性はそれ自体が別格で、他とは大きくリードしています。より高度な誓約を選ばれた方には、より便利な機能とプリント種類のアクセスを提供します。

pledges

なぜクラウドファンディング

コダマは情熱であふれていて、謙虚な手段で動く小型のチームです。副企業と役員会に縛られている会社ではありません。クラウドファンディングは、我々と我々の出資者:あなた方との距離を近づけてくれています。 去年のキックスターター、トライナスを提供時のクラウドファンディングの経験のお陰で、我々は後援者と人々の欲求を個人的なレベルで分析することができ、キャンペーン中のいろんな段階でデザインを改善するために、いち早く決断することができました。トライナスを後援者の全ての方に提供し、クラウドファンディングからオンライン販売に移行することができました。それで、今度はオブシディアンを同じ方法で世界に紹介する準備ができたのです。 道具、鋳型、最低のオーダー量を満たし皆様にオブシディアンを提供するために、キックスターターへ皆様の助けを求めるために戻ってきました。

コダマ社とは?

コダマはサンフランシスコに本社を持つ会社です。アップル、ボッシュとポルシェなどで勤務経験を持っている技師や消費者体験のプロ達が含まれているチームメンバーの会社。この一年間、このチームは上海の研究と発展事務でオブシディアンとこれのアドオンの開発に手を掛けてきました。供給者にただただ製造する契約を渡してあとは運に任せるのではなく、直接中国で年中コダマの職員が働いています。 2016年のトライナスプロジェクトを80以上の国から来た3300以上の後援者に提供し、クラウドファンディングからイーコマースの推移に成功するために、我々はニュージャージー、ロッテルダム、シドニーとシンセンの倉庫と共同しました。今でもこの配給システムは、あなたがKodama3d.comで購入されるトライナス3Dプリンターとアクセサリーを算出し続けています。我々はオブシディアンの時間厳守な発送を保証するために我々の配給ネットワーク(米国太平洋岸の倉庫も含む)を向上して、拡大し続けます。